こだわりたい制作ポイント

Category

Menu

2017年09月19日
製作依頼にかかる金銭事情を更新。
2017年09月19日
横断幕業界の相場事情を更新。
2017年09月19日
プロの仕事を更新。
2017年09月19日
こだわりたい制作ポイントを更新。

Calendar

2018年7月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

サイズを決めてから横断幕を注文する

どれくらいのサイズにするか決めてから横断幕や懸垂幕の注文をしましょう。他の場合は基本的なサイズが決まっている場合があり、サイズは極端に悩まなくても良い事が多いですが、横断幕や懸垂幕の場合は自分が好きなサイズなどがあるので、必ず決めてから注文をすると覚えておきましょう。チームの応援などで使う目的で作成をする際は少し大きめの横断幕や懸垂幕で良いですし、個人を応援する際はチームを応援するよりも小さめの横断幕で良いでしょう。横断幕を作る側の人はとにかく目立たせたい場合がありますが、横断幕を目にする人の事も考えるようにしましょう。多くの方が気になるのは小さい横断幕でもできるのかと言う部分になります。横断幕と聞くとイメージから少し大きな物を想像してしまう場合が多いです。そのため小さい物は作る事ができないのでは無いかと考えてしまいますがそうではありません。どんなサイズの物でも作成をする事ができると書かれている場合は、小さい横断幕でも作成をする事ができると考えておきましょう。用途に応じて必要になる横断幕は変わってきます。最初に決めておかないとどんな横断幕にするのかも決める事ができない場合が多いです。参考にするために様々な横断幕を確認してみましょう。

横断幕はオーダーメイドでも違いがあります

完全オーダーメイドの横断幕とセミオーダーメイドの横断幕があるので覚えておくようにしましょう。オーダーメイドと聞くと自分の好きなように横断幕を作成してもらう事ができるのでは無いかと考える場合が多いですがそうではありません。完全オーダーメイドの場合は、自分の好きなように横断幕を作成できますが、セミオーダーメイドの場合はレイアウトが決まっています。つまり自分の好みのレイアウトにしてもらうのは難しいです。セミオーダーメイドは、自分でレイアウトを考える事ができない人が利用をする場合が多く横断幕作成をしようと考えているが、依頼をした経験も知識も無いと言う人が、簡単に行う事ができるシステムだと覚えておきましょう。またセミオーダーメイドの場合は完全なオーダーメイドに比べて費用がかかりにくくなっているので、金銭的な部分では満足できる人が多いでしょう。一から全てを作成したいと考えている人は完全なオーダーメイドを考えてみましょう。完全オーダーメイドにするとお金も時間もかかってしまいますが、世界に一つだけの横断幕を作成する事ができます。デザインを考えないと行う事ができないですし、作成に時間もかかるのでその部分は覚えておきましょう。